Bob Dylan--License To Kill

ボブ・ディラン--殺しのライセンス


人間は考える

地球を支配しているのは自分だから、それを好きにしていいんだと

物事が中々変わらなければ、自分で変えようとする

人間は自らの破滅を発明してしまった

第一歩は月に触れることだった


(*)

さて、うちの近所に一人の女がいて

静かな夜が訪れると、彼女は傍に座り

「誰が奴の殺しのライセンスを奪ってくれるの?」と言う


連中は彼を連れ去り、教育し、一生をかけて彼を育てあげ

病気になる運命の道を歩かせる

それから、彼を星々(星条旗)と一緒に埋め

彼の体を、中古車のように売りさばく


さて、うちの近所に一人の女がいて

彼女は丘に顔を向けて、傍に座り

「誰が奴の殺しのライセンスを奪ってくれるの?」と言う


今、彼は破壊することに必死だ

彼は恐れ、混乱している

彼の脳みそは、優れた技術でいじられてしまった

彼が信じるのは、自分の目だけだが

彼の目は、彼に嘘をつく


でもうちの近所に一人の女がいて

背筋を走る寒気を感じながら、傍に座り

「誰が奴の殺しのライセンスを奪ってくれるの?」と言う


お前は騒音を立てる人かもしれない。魂を生み出す人かもしれない

心を傷つける人かもしれない。背骨を折る人かもしれない

お前はあらゆる手段を尽くす

ストーリーを演じる俳優かもしれない

それが、お前のすべて

お前の過ちに気付くまで


今、彼は淀んだ水たまりの祭壇に向かって礼拝する

そこに映る自分を見て、彼は満たされる

ああ、人はフェアプレイに反対する

彼はすべてを欲しがる、自分のやり方で


(*) 繰り返し



歌詞翻訳集

洋楽歌詞のオリジナル和訳集

0コメント

  • 1000 / 1000