Peter, Paul & Mary--Lemon Tree

ピーター, ポール&マリー--レモンの木


僕がまだ十歳の若造のとき

父が僕に言った

「こっちに来て、この素晴らしいレモンの木から

教訓を得るんだ」

「愛を信じるな、息子よ」

父が僕に言ったんだ

「愛はこの素晴らしいレモンの木みたいなものと気付くだろう」


レモンの木はとても可愛く

レモンの花は甘い

でも、駄目なレモンの果実は食えたもんじゃない

レモンの木はとても可愛く

レモンの花は甘い

でも、駄目なレモンの果実は食えたもんじゃない


ある日、レモンの木の下

恋人と僕は横になった

彼女はとても可愛くて

彼女がほほ笑むと星々が空高く昇るんだ

僕らは、レモンの木の真下で

恋に落ち、その夏を過ごした

彼女の笑い声の音楽は

父の言葉をかき消した


レモンの木はとても可愛く

レモンの花は甘い

でも、駄目なレモンの果実は食えたもんじゃない

レモンの木はとても可愛く

レモンの花は甘い

でも、駄目なレモンの果実は食えたもんじゃない


ある日、彼女は何も言わず出て行った

彼女は太陽を奪い

暗闇の中、去って行った

彼女の行き場所は分かっていた

彼女は別の男のところへ行ったんだ

良くある話だけど、事実なんだ

一人の男は寂しくなったけど賢くなった

君にこれらの言葉を歌うよ


レモンの木はとても可愛く

レモンの花は甘い

でも、駄目なレモンの果実は食えたもんじゃない

レモンの木はとても可愛く

レモンの花は甘い

でも、駄目なレモンの果実は食えたもんじゃない

0コメント

  • 1000 / 1000