Eagles--Hotel California

イーグルス--ホテル・カリフォルニア


暗い砂漠のハイウェイを走ると、私の髪には冷たい風が当たり

マリファナのむせるような香りが立ち上る

はるか前方に、揺らめく光を見た

私の頭が重くなってきて、視覚はぼんやりとしてきた

一泊する宿が必要だった


彼女は戸口に立っていた

教会の鐘の音が聞こえ

私は考えていた

ここは天国なのかそれとも地獄なのか

すると彼女はロウソクに火をつけ、案内してくれた

廊下の奥から聞こえる声は

こう言っているように私には思えた


「ホテル・カリフォルニアにようこそ

本当に素敵な場所ですよ

(本当に素敵な場所です)

素敵なお顔をされていますね

ホテル・カリフォルニアは多くの客室をご用意しております

一年中いつでも

(一年中いつでも)

あなたの居場所がここにはあります」


彼女の心はティファニーでねじ曲がって

身体はメルセデス・ベンツのようにくびれている

彼女の周りにはイケメンがたくさんいて

彼女は彼らを友達と呼んでいる

彼らが中庭で踊る様と言ったら

甘い夏の汗を流しながら

思い出を作るために踊っている者もいれば

忘れるために踊っている者もいる


私はボーイ長に電話をかけ

「ワインを持ってきてくれ」と頼んだ

彼は言った。「その種のお酒は、ここでは1969年以降出していません」

遠くから聞こえるあの声は、まだ私を呼んでいる

夜中にその声に起こされると

彼らがこう言っているのが聞こえる


「ホテル・カリフォルニアにようこそ

本当に素敵な場所ですよ

(本当に素敵な場所です)

素敵なお顔をされていますね。

ホテル・カリフォルニアでは、皆ぜいたくに暮らしておられます

うれしいサプライズですね

(うれしいサプライズですね)

あなたもアリバイを持ってらっしゃい」


天井には鏡。氷の上にはピンクのシャンペン

そして彼女は言った。「私達は皆、自らの企みに囚われてここにいるのです」

それからご主人様の部屋に彼らは集まり、祝宴を開いた

彼らは鉄のナイフで獣を刺すが、殺すことはできない


最後の記憶は、ドアに向かって走っていたことだ

以前私がいた場所へと戻る道を見つけねばならなかった

「落ち着いて」と夜警が言った。

「我々は受け入れるようにプログラムされているのです

チェックアウトはいつでもできますが、

ここを去ることは決してできません」

歌詞翻訳集

洋楽歌詞のオリジナル和訳集

0コメント

  • 1000 / 1000