Justin Bieber--Christmas Eve

ジャスティン・ビーバー--クリスマス・イヴ


今日は休日

君と過ごすんだ

今年のクリスマス

僕は恋をしている


ただ暖炉に靴下をつるして

サンタが街に来るんだ

君を今すぐそりに乗せたいのは僕なんだ


今日という日は君のためにある

ヤドリギが僕らの距離を縮めてくれる

それを期待してるんだ

バレンタインみたいな感じ


僕は君の家の屋根の上に登る

そりのベルが鳴っている

僕は一晩中君と起きてるよ

聖歌が聞こえる


日本からペルーへ

二人だけで

このクリスマスイヴに


(*)

今年のクリスマスイヴ

僕のデート相手になって

僕の休日、僕の夢になって

君の頭を僕にもたせかけて

君をゲットした

木の下でキスをして

プレゼントなんか必要ないよ

僕に必要なのは君だけだ

毎年、君に僕のすべてを捧げさせてくれ

クリスマスイヴを一緒に


クッキーを出しっぱなしにしてると

僕が食べちゃう

誰も僕のことが見えない、君以外は

とても摩訶不思議


想像を膨らませると

僕らは夢の国へ飛んでいける

北極もそんなに寒くないさ

君が行きたいなら

了解だよ


(*) 繰り返し


僕のクリスマスイヴになって

僕のクリスマスになって

僕のクリスマスイヴになって

誠実でいると約束する


(*) 繰り返し


僕のクリスマスイヴになって…



リクエストがあれば、コメント欄に

0コメント

  • 1000 / 1000

歌詞翻訳集

洋楽歌詞のオリジナル和訳集 より良い訳を追求しているため、しばしば改訂します。