Eric Clapton--Wonderful Tonight

エリック・クラプトン--今夜の君は素晴らしい


夜が深まり

彼女は何を着ようか考えている

彼女は化粧をして

長いブロンドの髪にブラシをかける

彼女は僕に尋ねる

「どう、大丈夫かしら?」

僕は言う。今夜の君は素晴らしいよと


僕達はパーティーに行く

みんなが振り向く

僕と一緒に歩く

この美しい女性を見ようと

彼女は僕に尋ねる

「気分は大丈夫かしら?」

僕は言う。今夜の僕は素晴らしい気分だよと


気分は最高さ

だって君の目の中に、愛が灯っているから

一番驚くことは

君が気づいていないということだ

僕がどれほど君を愛しているのかに


家路につく時間となり

僕は頭がズキズキするから

彼女に車のキーを渡し

彼女が僕をベッドまで肩を貸してくれる

明かりを消しながら

僕は彼女に告げる

ダーリン、今夜の君は素晴らしかったよと

ああ、ダーリン。今夜の君は素晴らしかったよ



リクエストがあれば、コメント欄に

0コメント

  • 1000 / 1000

歌詞翻訳集

洋楽歌詞のオリジナル和訳集 より良い訳を追求しているため、しばしば改訂します。