Simon And Garfunkel--The Sound of Silence

サイモン&ガーファンクル--沈黙の音


こんにちは、闇よ。旧友よ

また君と話をしに来たんだよ

だってそっと忍び寄ってくる映像が

僕が眠っている間にその種を埋めたから

そして僕の脳内に植え付けられたその映像が

沈黙の音の中で今でも残っている


休みなき夢の中、僕は独りで歩いた

石畳の狭い通りを

街灯の光の輪の下で

じめじめした寒さに僕は襟を立てた

そのとき僕の目はネオンの閃光に突き刺された

それは夜を裂いて、沈黙の音に触れた


そしてむき出しの光に中に僕が見たものは

1万人、いやおそらくもっと多くの人々

話すことなしに語っている人々

耳を傾けることなしに聞いている人々

歌われることのない歌を書いている人々

そして誰も沈黙の音を乱そうとはしない


「愚か者」と僕は言った。「君たちは知らないんだ」

「沈黙がガンのように広がることを」

「僕が教える言葉を聞いてくれ」

「僕が君たちへ伸ばす手をとってくれ」

だが僕の言葉は沈黙の雨のように落ちて

沈黙の井戸の中でこだますだけだった


そして人々は頭を下げて祈った

彼らが生み出したネオンの神に

そのときネオンサインは光り、その警告を映した

形成されつつある言葉で


ネオンサインは言った

「預言者たちの言葉は地下鉄の壁やアパートの廊下に書かれている」

そして、沈黙の音の中でささやいた



歌詞翻訳集

洋楽歌詞のオリジナル和訳集

0コメント

  • 1000 / 1000